読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ある人や物を憎むと、それに関係ある全てのものも憎く思われるということ。

予定にない道路工事のための迂回にともなう災難。

地域

f:id:greenteajp:20161217195327j:plain

 

昨日は車を運転中に、住宅街の裏側の細い道を曲がったすぐ先で工事が行われていました。
何の工事かはわかりませんが、とにかく大きな車両が止まっていて、その手前には迂回を促す通行止めの看板と、整理員さんが立っていました。
そこから通り抜けようと思っていたのに、結局また元の道に戻されぐるりと一周余計に走らせれてしまった形になりました。

工事が必要なのも、その関係で通行止めになってしまうときがあることも仕方ないことだと思います。
ましてや車がすれ違って通るのが精一杯というような道幅の道路なら、迂回してもらう外ありません。

しかし、それならそれで手前に「左折先通行止め」と迂回を促す看板を、もっと手前に置いて欲しいものです。
曲がってから気がつくのでは遅いですし、急にそんなことを言われてもイラッときてしまいます。
最近、よく使う道のいたるところで工事が行われていたりします。

通行止めや車線規制とか交互通行とかで思いがけず通過するのに時間がかかったりすることがときどきあります。
あらかじめ迂回が必要だったり、混雑しそうなところであれば道順を変更したりして私自身も身構えることができます。
こういうお知らせはなるべくわかりやすく、そして早めに知らせてもらいたいものです。

昨日は結局その後に災難が待っていました。
普段使わない道を使ったので、曲がる交差点を間違えたりして、結局迂回した以上に時間のロスをしてしまいました。
急いでいたわけでもないので支障はありませんでしたが、「あそこで迂回さえしなければ…」というようなモヤモヤがいつまでも続いていました。