読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ある人や物を憎むと、それに関係ある全てのものも憎く思われるということ。

妊娠・出産して1年5ケ月、堕ろしてくれと言われたけど今は幸せです。

f:id:greenteajp:20161120211911j:plain

 

私には現在1歳5ヶ月になる息子が居ます。
主人とは交際を始め3ヶ月で妊娠が発覚しました。
元々生理不順な私は遅れているだけだろうと甘く考えていましたが、2ヶ月も来ないことに不安になり出勤前に薬局で検査薬を購入すると相手に伝えると、不安だろうからと着いてきてくれました。
正直初めての経験で不安しかなかった私にはとても嬉しい一言でした。

検査薬のお金を支払ってくれた相手にお礼を言い私は仕事に行きましたが、検査薬を購入していつも通り仕事が出来るわけもなく落ち着かない状態で仕事をしていました。
仕事を終え、帰宅してすぐ私は検査薬をしました。
結果を見るまで手が震え妊娠していたらどうしようと考えながら待ちました。

結果は妊娠していました。
でも検査薬だから!と自分に言い聞かせ後日婦人科に行きしっかりとした検査をしてもらいました。
検査薬と同じ結果でした。

初めてエコー写真を見ました。
小さな豆の様な命が私の子宮にはあり、嬉しさが多かったのは私の正直な気持ちですが、相手にどう伝えればいいのか、認知してくれるのかそんな不安ばかりが頭に過ぎっていました。
その日の夜、相手に勇気を出して伝えると溜息を吐かれ、「堕ろしてくれ、そのお金は働きながら返していく」と言われました。

私はショックのあまり別れを決断しました。
そこまでの決断をするとは思っていなかった相手は泣きながら、一晩考えさせてくれとお願いをしてきました。
私は一晩不安と戦いながら待ちました。

相手の出した考えは一緒に子供を育てて行きたい、でした。
私には嬉しい一言でした。
その後入籍をし、妊娠期間はつわりが酷く仕事もまともに行けず、迷惑ばかりを掛けて過ごしていました。
元々貧血が酷かった私は、妊娠8ヶ月の時に階段から落ちたりもしましたが、胎児は元気で成長し続けてくれていました。
臨月には一生懸命床掃除や、トイレ掃除、草刈りなどをし、胎児が下りて来るように必死に動きました。

すると、予定日の当日の朝に破水しました!
頑張って動いて良かったー!とその時点ではまだ余裕だった私は相手に連絡をし、帰宅してもらう様お願いをし、自分の身内にも報告と言う連絡をしました。
まだ余裕な私とは逆に焦る周りを見て何だか面白いなーと思いながら観察していました(笑)

焦る相手と共に産婦人科に行き、破水したことを伝え、その日から入院をしました。
最初は錠剤の促進剤を投与しましたが、陣痛は全く来ず一日を過ごしていました。
翌日は点滴での促進剤投与でしたが錠剤より効果はあり、痛くて辛い一日を過ごしましたが、子供は下りてこず。

勿論初産の私は不安だけが募って行きました。
内診等もしてもらえずただ、痛みに苦しみました。
その日の夜にはまだ軽い陣痛が襲って来ていました。
痛くて夜も眠れず、食欲もなく、ただ耐えていました。

入院して3日目。
感染症に不安があった私を他所に院長は3日目も点滴をと言われたので、帝王切開にして欲しいとお願いをし、手術の準備をしてもらいました。
手術までの間に2度目の破水をし、不安になっていると、「少しずつ下りてきてるね!」と助産師さんに言われたのですが、「え?今更?」となりました(笑)
13時30分から手術をし、たった3分で手術は終了し、元気な男の子を出産しました。
チアノーゼが出ていたので、その日は保育器に入った子供を見に行きたいのに術後の激痛で行けず。

相手や身内は写真を撮ったり見に行ったりしているのをただ見ているだけしか出来ないことに凄く辛い思いをしたことを今でも覚えています。
そんな出産をしてもう1年以上経ちますが、息子は元気に育って今では1人で歩くようになり、毎日笑顔で過ごしてくれている事に日々幸せを感じています。
今後育児は大変になって行くと思いますが、父親になると決断をしてくれた主人と共に幸せな家庭を築いて行きたいと思っています。