読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ある人や物を憎むと、それに関係ある全てのものも憎く思われるということ。

25年ぶりに初恋の彼に会います。

f:id:greenteajp:20161003234510j:plain

日、母から電話がありました。
中学校のクラス会のハガキが届いているとの事でした。
中学校を卒業してから、もう25年が経ちます。
はるか昔のことです。

参加するかどうか迷ったので、親友のA子に連絡しました。
A子も今さらみたいな感じで迷っていたのですが、幹事の名前を聞いて、無理やり参加するように強制しました。
だってそれは、私の初恋のH君だったからです。

H君が来るのなら参加しない訳にはいきません。
ずっと卒業してからも会いたいと思っていたからです。
私にとって憧れであり、永遠のアイドルなのです。

中学時代の私は、H君が大好きで大好きで学校に行くのがとても楽しみでした。
あまりにも好きすぎて、一度も話す事が出来ませんでした。
恥ずかしいくせにチラチラ見てしまうもんだから、クラスでは私が好きだと言うことは皆にバレバレでした。

勿論、H君も気が付いていました。
周りに冷やかされていたからです。
あんなに大好きだったのに、私は何も自分の気持ちを伝えることなく卒業してしまったのです。
ずっと欲しかった第二ボタンも、欲しいと言えず泣く泣く家に帰りました。

後悔だけが残った恋だったので、今でも変な意味ではなく忘れられないのです。
よく夢にも出てきます。
いつも気持ちを伝えられずに後悔している夢です。
夢占いによると、後悔している気持ちが今でもあるから出てくるそうです。

なので今度会って、色々なことを話してみたいです。
今なら余裕を持って話せるはずです。
あの頃の私が果たせなかった夢を果たしに、同窓会に行こうと思っています。