坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ある人や物を憎むと、それに関係ある全てのものも憎く思われるということ。

お互いにハッピーでいるために夫婦で協力すること

f:id:greenteajp:20160923205409j:plain

うちは、ゴミ出しと子供の朝食はパパの役割です。
家庭の中で、パパの役割をどうするかについて夫婦で幾度となく話し合ってきました。
よくできた奥様の家庭では、旦那様は外で仕事をしているので、家の事を一手に引き受けていらっしゃる方もいらっしゃいます。
相手によっては、非常に良い雰囲気で家庭生活を過ごすことができます。
それは、奥様が旦那様の仕事に理解があって、旦那様が主婦としての頑張りに感謝をしている場合です。

うちは違います。
圧倒的に、旦那の理解がないのです。
主婦の仕事を馬鹿にしているところがありますし、できて当たり前という認識が強いです。

確かに、旦那は毎日夜遅くまで仕事が終わらないくらいの激務なので、無理もないかもしれません。
元々、かなりの自信家で、自分に対して常にポジティブな考えが気に入って結婚しました。
ですが、日々の生活になるとそれだけでは日常生活をうまくやっていくことはできません。

私の方も家事や育児をしているわけですから、暇で役立たずだと言われると腹が立ちます。
そういうわけで、少しでも家庭での役割を担ってもらう事で、私の頑張りを認めてくれるようになりました。
もちろん、彼の仕事に支障をきたさない程度ですが、他にも良い効果がありました。
旦那も家事や育児に少し参加することで、普段仕事で家にいる事の少なくても、家族との関りが増えてパパの存在感が増しました。